2015年12月31日

低予算というジャンルがおすすめな理由は、わかりやすい事に尽きます。

ほとんどの方は仕事や学校・部活などが終わった後、自宅で映画を楽しむ事となるはずです。

仕事や学校で疲れきって帰って来て、難しい題材の映像を見ようとするとやっぱり疲れます。



これが土曜日曜であれば、じっくり作品を楽しむ余裕がある為、問題ありません。



しかし、平日の夜であればわかりやすいジャンルをチョイスしたほうが良いです。

アクションであれば、わかりやすいストーリー、見た目の派手さだけでも十分楽しめる為です。 特に洋画は凝った映像を見せてくれます。



その映像、1シーンだけでも印象に残りやすく、満足出来てしまうのは時間の使い方的にも有意義です。



それに観終わった後、ストレスが解消されスッキリする事が多く、こちらもモーションの多い映像の利点です。
わかりやすく、観終わった後スッキリして平日の疲れを取って明日に備えるのに最適という訳です。

映画に行く!何だか休日な感じがして良いですよね。
一人でじっくり映画を楽しむのも、
誰かと見に行って後から。「あそこがよかった」なんて話をしながら
ワイワイするのも楽しみの一つです。
今度の休日に何を見ようなんて考えるのも楽しみの一つです!
sponsored link

posted by のれんマン at 12:25 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: